・児童生徒の障害や健康の状況について、保護者、主治医等と連携を図りながら個に応じた支援
 を行い、健康の保持に努める。

・保護者や指導医と連携して、医療的ケア等の安全で円滑な実施に努める。

・緊急時避難訓練等を計画的に実施し、防災・防犯のための体制を整えるとともに、教職員の危機
 管理意識を高める。
・外部専門家による児童生徒の特性に対応する専門分野の研修など、教員としての資質や能力を
 高めるための研修を計画的に推進する。 

・授業研究の計画的な実施により指導方法の改善を行い、教員一人一人の指導力の向上を図る。

・特別支援教育センター校としての機能を充実させる。
・個別の教育支援計画、個別の指導計画を活用し、指導目標、指導内容、指導方法、評価の一貫
 性を保った実践を進める。

・発達に応じた組織的、系統的なキャリア教育を推進し、児童生徒の社会参加の意識を高める。

・日常的な学校生活を通して人間関係や経験を広げるとともに、交流及び共同学習や校外学習等
 を通じて豊かな社会性を育むよう努める。
 目当てをもち、明るく健康な生活を送ることができる
表紙にもどる
沿革のページへ
学校紹介のページ
 他の人と協力し合って、なかよく活動することができる
 社会に関心をもち、進んで関わることができる
  本校は、小学部と中学部をもつ肢体不自由特別支援学校です。
 富山県立高志支援学校高等部こまどり分教室が併設されています。
  教育課程は、小・中学校に準ずる教育課程、下学年適用の教育課程、知的障害特別支援学校代替の教育課程、自立活動を主体とする教育課程を設け、一人一人の教育的ニーズに応じた指導を行っています。
  本校に在籍する児童生徒は、運動機能、言語、知的発達等に障害があり、隣接する高岡市きずなこども発達支援センターで機能訓練や医療に関する指導を受けています。
児童生徒の健康保持や安全に配慮した支援体制の充実に努める
作詞 大島 文雄
作曲 室崎 琴月
  近隣の4自治会の人々との交流や学校間交流、居住地校交流、ボランティア活動を通して、積極的な社会参加の機会の確保に努めています。
教職員の専門性の向上に努める
保護者や関係機関と連携し、 開かれた学校づくりを推進する
・各種たよりの配布、学習参観や学校行事への参加等を通して、教育活動の様子を保護者や地
 域に公開するとともに、学校評価にも参加を求める。

・学校間交流、居住地校交流、地域交流等を推進し、地域への理解啓発に努める。
  社会の中の一員として、たくましく生きぬく児童生徒を育成する
本年度の重点目標
  一人一人の発達に応じて、社会生活の中で人と関わる力を育てる
 本校のこれまでの沿革を紹介したページは、
ここをクリックして見ることができます。
  一人一人の教育的ニーズに応じた指導や支援を推進し、 児童生徒の可能性を伸ばすよう努める